ミュニシパリズム ー 力の水平主義と垂直主義の接合点としての民主主義

更新日:7月3日

後藤 元(ルネサンス研究所・関西研究会運営委員)

 ミュニシパリズムの動きは、ヨーロッパに留まらない。2019 年にバルセロナのミュニシパリスト・プラットフォーム「バルサロナ・アン・クム―」が中心となって編集・出版された「フィアレス・シティー グローバル・ミュニシパリスト運動へのガイド」には、19 か国 50 のミュニシパリスト組織が紹介されているが、スペイン・イタリア・フランス・ポルトガル・ポーランド・英国・セルビア・ベルギー・クロアチアといったヨーロッパの諸都市の他に、ブラジル・アルゼンチン・チリ・米国・カナダといった米州、中東のレバノン・クルディスタン・トルコ、それに南アフリカと香港の組織も含まれている。

全文はこちら


閲覧数:3回0件のコメント