2017

研究会の記録  

資本のグローバリズムといかに闘うか 国民国家、帝国主義、帝国の主権を問う角度から

December 22, 2017

​報告 後藤 元

日米安保体制からの脱却は可能か ~沖縄の視点から東アジアの展望を考える~

October 21, 2017

​報告 椿 邦彦

 「東アジアにおける安全保障」とは何か。最も基本的な定義は、「東アジアで生活するすべての人びとが平和で豊かな暮らしを送ることができる」ということであり、それが保障されている状態であろう。
 「平和」であるとは生存を脅かされる危険が存在しない状態であろう。平和の対極にあるのが戦争である。生存を脅かすという意味では飢餓もそうである。
  「豊かさ」とは経済的な豊かさに限定されるものではない。その地域に居住するすべての人びとが人間らしく生きていくこと、すなわち、人間としての尊厳が保たれていること、健康で文化的な生活を営むことができることが前提とならなければならないだろう。そのためには良好な自然環境や生活環境、労働環境が保たれていなければならないだろうし、社会の中で人びとが奴隷状態におかれることがなく、また不当な差別や抑圧を受けることがないということが必要であろう。資本主義社会においてこのような状態を実現し、それを維持するための条件はどのようなものだろうか。

原発現地での地域の権力構造に迫る ~八幡浜住民投票運動~

September 15, 2017

報告 八木 健彦

 「八幡浜では市長・市議会多数派・商工会という推進勢力のなりふり構わないやり方に対して、市民の怒りが噴出し、『福島を繰り返すな』ということを『住民の自己決定権』として表現していく住民投票運動が沸き上がった。最も危機感を抱いて起ち上がったのはミカン農家であった。ミカンの採集期という超繁忙期のハンディ中に、1ヵ月間不眠不休で必死に署名活動に取り組んで有権者の3分の1に達する1万筆の署名で大きな衝撃を生んだが、市議会で否決された。(中略)ともかく自治的でゆったりした循環型の地域共生社会の創造、そういう方向性の中にしか南予の未来はつかめない。それは安倍=日本会議的なものとの根底的訣別でもある 。」

(八木健彦「南予滞在記」より)

資本主義の発展とエネルギー問題(電力を中心に)

August 19, 2017

​報告 新開 純也

「現状の体制の革命か、変革か、抵抗か、改革か」

July 28, 2017

​報告 榎原 均

(解題)この日の報告のために事前配布資料をルネ研関西MLに流したが、当日はこの報告のように「革命後の政治」としたので、事前配布資料は議論しなかった。事前報告資料の方は付けておくが、別の機会に提案したい。また、この資料を基に意見を用意していた研究員もいるので、反論を受けることから始めるかもしれない。(榎原)

欧米左翼の綱領 ー統一戦線の問題と関連してー

June 17, 2017

​報告 新開 純也

アジア的生産様式について

May 27, 2017

​報告 表 三郎

ジェイン・ジェイコブズ 都市の生態学

April 22, 2017

​報告 椿 邦彦

 マクロ経済 ― 大規模な集計量を扱う経済学 ― は、国民経済及び国際経済を理解し改善する理論と実践を扱う学問分野である。それは、いま混乱状況にある。その零落の原因は、これまで無批判に議論を展開してきたという点にある。

2011年以降の占拠闘争の示すもの ー 民主主義の側面から

March 18, 2017

​報告 後藤 元

グレーバーの提起を受けて

February 24, 2017

​報告 榎原 均

 マルクスは弁証法の達人でしたが、それは自分の思考を、自分の外部の存在(資本主義)の論理的展開の場として維持するところにあったように思われます。マルクスが思考しているにもかかわらず、そこには資本主義の運動と論理が描き出されている。

 資料には、研究会当日に提案した文書のほか、私の読書ノートおよび研究会の反訳を添付した。

グレーバーのこの書は大部のものである。しかし読みやすく、論旨は明快である。さらにマルクス『資本論』をはじめ、マルクスの革命理論にも理解がある。なによりも、リーマンショック以降の負債経済の分析のためには不可欠の労作である。

私は、とりあえず、古代人の負債観による、現代人の負債観や制度の欺瞞性の暴露を取り上げて研究課題を提案し、また、貨幣起源論に的を絞って批評したが、それ以外にも多くの論点がある。問題意識を共有するために読書ノートを公開したい。反訳は『ASSB』誌第24巻第6号に掲載したもの。

負債経済論のために

January 28, 2017

​報告 榎原 均

(解題)この日の報告は、この文書を読み上げて討論した。引き続き2月研究会でもグレーバーを取りあげているので、それも参照されたい。なお、この日に配布した資料はグレーバー『負債論』からの引用であるが、このサイトにも資料としてつけておく。(榎原)

Please reload

ポピュリズム

​後藤 元ほか

れいわ現象~左派ポピュリズムの登場?

​伊藤公雄

​中村勝己

Please reload

Please reload

 ルネサンス研究所・関西

Research Institute for the Renaissance of Communism and Revolution 

〒601-8003 京都市南区東九条西山王町7番地 社会労働センター・きずな気付