信用資本主義の収奪構造—安部黒田政策の帰結

斎藤隆雄(ルネサンス研究所・関西研究会運営委員)


 

 「帝国」と呼ばれる統治形態が世界に覆い被さっている、と言われている。グローバル資本主義と いう蓄積形態が世界にあまねく広がっている、と言われている。アベノミックスの喧噪で株式市場に 手を出した人々は、もしかしたらこれを実感しているかもしれないが、株価の乱高下だけがその現れ ではない。そもそも、信用資本主義経済の基本的な蓄積形態と収奪の構造は如何なるものなのか、こ の間の経済現象から垣間見てみよう。


全文はこちら

閲覧数:0回0件のコメント