マルクス革命論の研究 第Ⅰ部 1848年革命と階級闘争論

更新日:7月3日

奥村岳志(ルネサンス研究所・関西研究会運営委員)


・〈二大階級への分裂→階級対立の激化→階級決戦から革命へ〉という『宣言』の革命論は

妥当なのか?マルクスの理論なのか?

・1848 年革命期の中で『宣言』の革命論はどうだったのか?

・階級対立とは?階級闘争とは?これは自明なことか?

・マルクスの理論とエンゲルスの理論と「マルクス主義」は同じか?

・1848 年革命期の『共産党宣言』と、1860 年代『資本論』執筆期のインターナショナル「創立宣言」「暫定規約」との違いは何か?「創立宣言」は〈低めた内容〉という見方1もあるがそうなのか?


全文はこちら

閲覧数:0回0件のコメント