研究所活動のあり方をめぐる基本方針
Please reload

  1. 連絡・調整機関として運営委員会を置く。運営委員にはさしあたり設立発起人が就任する。運営委員会は相互の信頼関係にのみもとづいて運営される。

  2. 賛同人を随時募集する。賛同人の名前は原則として公表される。

  3. 研究会、シンポジウム、講座等々を主催し、その企画と実行には運営委員も賛同人もそのつど個人の資格で参加する。

  4. 研究所の運営と活動は「地域」に根差したものとし、全国レベルのものについては運営委員会で調整する。

  5. 活動については参加者(運営委員や賛同人に限定されない)の自主的な立案と実行を原則とし、運営委員会は必要な協力を惜しまない。いかなる個人からの提案も受け付ける。

  6. 活動の成果を社会に向けて発信し、参加者の日常的議論と交流を促進するため、運営委員会は必要な措置を取る。

​2010年9月

ポピュリズム

​後藤 元ほか

れいわ現象~左派ポピュリズムの登場?

​伊藤公雄

​中村勝己

Please reload

Please reload

 ルネサンス研究所・関西

Research Institute for the Renaissance of Communism and Revolution 

〒601-8003 京都市南区東九条西山王町7番地 社会労働センター・きずな気付